06-7505-6754

ブログ

2017/03/04(土)

誰も知らない坐骨神経痛の原因

カテゴリー:東大阪 坐骨神経痛

 

 

こんにちわ。

東大阪で【慢性腰痛】専門のたかだ整骨院 院長の高田 繁之です。

本日もブログへの訪問、本当にありがとうございます!

 

では本日は誰も知らない坐骨神経痛の原因です。

 

腰痛と関係の深い坐骨神経痛は

なぜ起こるのかといいますと

お尻の筋肉が原因で起こります

そうなんです梨状筋という筋肉が固いと

その下にある坐骨神経を圧迫し痺れが出現します

もちろんその影響で腰痛も出現しますが、、、

はい

それはそうなんですが

なぜその梨状筋が圧迫するのか。。。。。

それは

股関節なんです

股関節を外に開くのが固い方が坐骨神経痛になりやすいです

それはなぜなのか

梨状筋という筋肉は股関節を外側に開く筋肉です。

もし股関節を内に閉じる筋肉が固くなると

股関節が内に変位すると外側の筋肉は引っ張られますよね

はいそのことにより梨状筋が引っ張られ

その下の坐骨神経を圧迫するんです

なので治療対象は梨状筋だけでは物足りなくて

股関節の可動域にも目を向けないといけないです

じゃあなぜ股関節が固くなるのかといいますと

大殿筋の筋力低下です

またお尻に戻るんですけど

じゃあなぜ大殿筋が弱くなるのかといいなすと

それは

姿勢の悪さや普段の間違った体の使い方により

大殿筋を使わずに生活している方がおられます

そのことにより大殿筋が弱くなりそして

バランスがくずれて股関節が開きにくくなります

はい

なので坐骨神経痛の人は梨状筋という筋肉単体ではなく

こういうところまでしっかりと治療しないといけないんです

もちろん当院ではしっかりとこういうところまで

お体を見させていただいてます。

のでお体が気になる方は一度お電話してみて下さい

 

でもなぜ股関節が内に入っていくのかといいますと

それはまた次回のブログでお伝えします。

坐骨神経痛は股関節にも目を向けてください。

 

 

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました!

 

 

 

当院は

慢性腰痛、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア

、脊柱管狭窄症、ぎっくり腰、腰椎すべり症、産後の腰痛

などの傷みや痺れを改善する腰痛専門治療院です。

ただいま施術初回料金が

キャンペーン期間中の為

お得な価格で施術させていただきます。

詳しい内容はHPまで

東大阪市唯一の慢性腰痛専門治療院  たかだ整骨院

住所

大阪府東大阪市大蓮東4-6-4

(近鉄久宝寺口駅から徒歩6分)

★お電話でのご予約はこちら

 06-7505-6754

メールでのお問い合わせはこちら

(施術中は電話に出ることができないので、留守電にメッセージをお願いします!!)

★ラインでのご予約はこちらから

 

 

 

 

7月24日(火)まで
先着6名様限定割引 → 残り3名様

ご予約は今すぐお電話で

06-7505-6754

【受付時間】8時半〜20時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は8時半〜20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。